店舗デザインの重要性とポイント

計算された設計デザインで集客力アップ

店舗デザインはお客様が受ける印象、興味や心理的な抵抗感などに関わるもので、集客力の高いお店は総じてしっかりと計算の上で設計されているものです。
例えば、医療施設や美容室などは清潔感が重要ですし、薄汚く汚れた外観だと抵抗感が生まれて入りたくならないです。
店舗デザインを当てはめて考えると、外観は汚れが堆積して汚く見えないように配慮したり、多少汚れても綺麗に見えるようにデザインします。
具体的には雨の水滴が残りにくい外観形状を採用したり、雨で汚れが洗い流される光触媒などを採用する方法が挙げられます。
それから色の選び方、組み合わせも印象を大きく左右するので、色に関するセンスも問われることになります。
店舗デザインは見た目に関する部分に限定されるイメージですが、このように機能性も関わってくる重要なものです。
色とその組み合わせが決まっても、それで終わりではないのが奥深いところです。
素材選び1つ取っても印象が変わってきますし、やはりお客様に与える印象が変化するので、どのような印象を受けるか考えながら選択することが必要です。
ナチュラルなら木製、インダストリアルならコンクリートや鉄といった具合に、採用する素材は方向性によって大きく異なります。

計算された設計デザインで集客力アップ訴求力を必要とする店舗はメッセージ性が重要外観や内装など総合的なデザインが必要

店舗デザインなら株式会社エイケー押さえたいポイント